反復は語学の要諦である

繰り返す。
とにかく繰り返す。
そのうち一定の域を越えてしまう。

すると脳が、
「 これは生きていくために必要な記憶だ 」 と、
錯覚してしまう。

そうすれば、
絶対に忘れない。

五感を研ぎ澄ます。
感情を抑えない。
イヤというほど繰り返す。

反復アルノミ。

 


 

英語もそうだ。
週一回のこども英語塾や高額システムなどに頼らなくても、
日常に英語を登場させればいいではないか。

日常とは習慣である。
つまり同じことを繰り返すこと、
反復の連続なのだ。

学校の勉強も、
ピアノもそうだ。
反復すれば自ずと身についてゆく。

「 明窓浄机 」

予習復習ができる環境を整えること。
静かに見守る豊かな存在であること。
加わること、ともに愉しむこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + fifteen =