時 。

すべての営みには時期がある。
今この瞬間も、
決して無駄ではない
絶対的に必要な、
時の流れのひとつの営み。

 

 

天のもとでは、何事も定まった時期があり、
すべての営みには時期がある。
生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
植えるのに時があり、植えたものを引き抜くのに時がある。
殺すのに時があり、いやすのに時がある。
くずすのに時があり、建てるのに時がある。
泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。
嘆くのに時があり、踊るのに時がある。
石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。
抱擁するのに時があり、抱擁を止めるのに時がある。
探すのに時があり、失うのに時がある。
保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。
黙っているのに時があり、話をするのに時がある。
愛するのに時があり、憎むのに時がある。
戦うのに時があり、和睦するのに時がある。
(聖書 伝道の書 第3章)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 15 =