ローカカオ。

ヴィーガンの鉄分補給源として、
ローフードのスウィーツを作る時、
ローカカオの存在は欠かせない。

わたしは鉄分補給のためと自身の嗜好から、
ローカカオニブとプルーンを毎日摂っている。
まさになくてはならない相棒。

スイーツに入れるとチョコ風味が際立ち、
そして何より、栄養価の高さには頭が下がる。
肝心なのは、非加熱の生であることだ。

 

ローカカオに含まれる主な成分

・マグネシウム(最も多くマグネシウムを含む食品がローカカオ)
・鉄分(カカオ28gで1日に必要とされている鉄分の314%が摂取できる)
・クロミウム
・アナンダマイド(Bliss Chemical/エクササイズ後に分泌されるエンドルフィン)
・マンガン
・ポリフェノール
・カテキン(赤ワインやブルーベリー、ゴジベリー、アサイー以上)
・亜鉛
・セロトニン
・トリプトファン
・PEA(熱に非常に弱い)
・オメガ6(加熱すると酸化が酷く進むので、非加熱が好ましい)
・カフェイン(コーヒーの20分の1以下)
・テオブロミン(非加熱の場合、神経及び神経伝達システムの興奮はほとんど見られないと報告されている)
・サルファー
・MAO
・銅
・ビタミンC(加熱されたカカオには含まれない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + six =