虚室生白

部屋は空っぽなほど光が満ちる
人心も無念無想であれば
自然と真理が見えてくる

たとえば路傍に巨木がある
曲がりくねって材木としては
役に立たない

ところがその故にこそ大きく育ち
道行く旅人に日陰を与えてくれる

まるでぽっかりあいた
スケジュール表の
余白のような時間

 

余白のような時間

 

空っぽだからこそ
自由に満たされた時間

一見役立たずな巨木の
木陰のやすらぎ

何もないこと
無為であること

 

巨木の木陰のやすらぎ

 

一見無駄に見えるようなものこそ
実は有益である
豊かな存在
そうありたい

―タオイスト 無何有―

 


 

「 虚 室 生 白 」

がらんとした部屋には
日光が射し込んで
自然に明るくなる

人間も心を空にして
何ものにもとらわれずにいれば
おのずと真理真相がわかってくる

 

「 心 」

美は心が生みだすもので
心の鍛錬なしに
美の発見はありえない
美は心の領域に属するものだから

ゆえに

光を見るとき
影の部分があることに
気づくひとでありたい

 
 

「 Profile 」

 中学高校時代に新体操をしていたことから、お風呂上りに柔軟体操など身体を動かす習慣があり、自然とヨガの世界に陶酔してゆきました。またユング研究から発展しトランスパーソナル心理学との関係性を活かしたヨガの在り方を研究してきました。とくにヨガのphilosophyは素晴らしく、理想の生き方にも通ずるものがあり、その精神に、躓きそうな時いつも助けられます。

 「息」は「自分の心」と書き、呼吸を見れば心の状態がわかります。呼吸ができれば、誰にでもできる…どんな人にでもヨガは有効なのです。どこでも、誰にでもできるヨガを、わたしを必要とするすべての人の患部に自分のてのひらを当てて温めてあげるような気持ちで臨みたい。自分自身、瞑想をはじめヨガそのものが日々の生活の一部。ヨガはなくてはならない存在です。

 予てから果物と野菜をブレンダーでジュースにして飲む習慣があり、またナッツが大好物なのですが、それがそっくりそのままローフードのスタイルであったことが驚きの出合いでした。マクロビオティックの概念や西式甲田式の断食・半日断食、発酵食品などを取り入れたローヴィーガン食こそが一番自分の胃腸に合うことを、人体実験をしながら実感したところです。ヒポクラテスの教えを説くナチュラル・ハイジーンが背景にあるローフードこそが自分のライフであると確信しています。これを人生の友として多くの人々にお伝えしたいとの想いから、さらに深く学んで参りました。

 当方のローフードマイスター鳥取八束水校では、ローフードマイスターの各種講座、ファミリーヘルス講座、キッチンヒーラー講座、不定期のお茶会などを開催しています。また、ヨガとローフードと生活習慣全般において、個々の体調に合わせた心身の不調の原因と改善のためのサポートを通して、自然治癒力を高め、いのちの本質(Nature of life)が輝くお手伝いをします。

 食と動、そして心は、つながっています。私たちの心身は何を食べるかによって、心も身体も作られてゆきます。また、休息をとり、環境が整っていないと、人間必ず偏りを生じます。ヨガ〈運動〉でマインド〈心〉を整え、ローフード〈食〉を生活に取り入れ、極上の〈休息〉をとり、生活習慣〈環境〉を整えて、健康になるためのライフスタイルを自分のものにできるようにプランニング・実践してゆきます。

 


 

ライセンス:JLBA公認ローフードマイスター鳥取八束水校主宰、全米ヨガアライアンス認定指導者 Registered Yoga Teacher (RYT200)、全米ヨガアライアンス認定産前・産後ヨガ指導者 Registered Prenatal Yoga Teacher (RPYT85)、インド中央政府公認・ sVYASA(スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団)認定ヨーガ教師、ケンハラクマ・アシュタンガヨガ認定指導者、ルナワークス認定・シニアヨガ指導者養成講座修了、ルナワークス認定・クロストレーニング・ヨガ指導者養成講座修了、2級ラジオ体操指導士

加盟学会等:日本リビングビューティー協会、日本ヨーガ療法学会、日本ヨガメディカル協会、日本トランスパーソナル学会、日本アーユルヴェーダ学会、超健康革命の会、さわらび会、秀明自然農法ネットワーク(SNN)

 

無何有

 

「 無 境 界 の 世 界 に 生 き る 」

限界と境界の存在しない世界
過去と未来の境界のない現在の瞬間
内と外の境界のない自覚の探求

今という瞬間に、
今を生きる智慧がある。