器に沿う水のように

器にきれいな水を入れようと思えば まず古い水を捨てなければならない 我の強い人ほど それを悲痛に感じるものだ それでも 器を空にしなければきれいな水にはできない ひとも 何もない無の心となるとき 存在の奇跡がわかり 尊さ...