愛するのに理由はいらない

最高の人間関係は、
互いを愛する気持ちが、
互いを必要とする気持ちよりも、
勝るものである。

(ダライラマ14世)

絶望の淵に立たされても、
愛し抜けるか。

 愛はいくら言葉で聞き、いくら耳で聞いても、愛は学べない。愛は最後、その行いを通し、傷つくほどに、同胞を愛し抜くことができたときに、ほんとうに愛を学びえたと言える。愛とはそういうもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =